社内環境の満足度向上へ、「特急ラピート」車内にて無料Wi-Fiサービスの提供開始

2015年11月11日 19時13分更新



Pocket

 南海電鉄は、難波と関西空港駅を結ぶ「特急ラピート」車内にて無料Wi-Fiサービスの提供を発表した。提供開始日は12月1日から。

 特急ラピート全車両に1箇所ずつアクセスポイントが設置されるため、全座席にて利用可能となっている。
 今回の提供は南海電鉄の「関空・インバウンド事業の拡大」の一環として位置づけられており、特に訪日外国人旅客の利便性向上を狙う。

 提供されるWi-Fiサービスは大阪観光局が整備を進めている「Osaka Free Wi-Fi」。南海電鉄が運営する施設では難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅、住吉大社駅などの駅や、なんばCITY、なんばパークスにて既に提供中だ。

 また「Osaka Free Wi-Fi」はNTTBPが提供しているWi-Fi接続アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」にも参画しているため、一度アプリで登録を行えば「Osaka Free Wi-Fi」だけでなく、同アプリに参画する他エリアのフリーWi-Fiにも都度登録せずに利用できるようになる。

関連カテゴリー