auがソフトバンクに対抗!20GB月額6000円「スーパーデジラ」、余ったデータ容量は全て翌月に繰り越される!

2016年9月9日 17時13分更新


Pocket

 KDDI、沖縄セルラーは、2016年9月15日より、大容量データ定額サービス「スーパーデジラ」として、「データ定額20」(月額6,000円)、「データ定額30」(月額8,000円) を提供開始することを発表した。
 
 「スーパーデジラ」は、リッチコンテンツや動画、音楽などのストリーミングサービスなどを利用するユーザー向けの大容量データ定額サービス。データ利用量に応じて、「データ定額20」(月額6,000円)、「データ定額30」(月額8,000円) の2種類から選択することができる。
 
スーパーデジラロゴ
 
 通話回数の制限なく5分以内の国内通話が無料となる電話かけ放題プラン「スーパーカケホ (電話カケ放題プランS)」と「データ定額20」を組み合わせることで「月額8,000円」から、auスマートバリュー適用時には最大2年間「月額6,590円」から利用可能。
 また、「データくりこし」を利用することで、余ったデータ容量を全て翌月に繰り越すことができるほか、「スーパーデジラ」の提供開始同日より、月額1,000円の「テザリングオプション」を無料で利用できるキャンペーンも実施する。
 なお、「スーパーデジラ」の提供開始に伴い、2016年9月14日をもって「データ定額8/10/13」の新規申し込み受け付けは終了する。「データ定額8/10/13」を現在利用しているユーザーは、継続して利用することができる。
 
 「スーパーデジラ」の料金プランは以下の通り。
 
スーパーデジラ料金プラン
 
 この前日にソフトバンクが同様のデータ定額プラン「ギガモンスター」を発表しており、これにKDDIが対抗したと見られる(参照記事『ソフトバンクが20GB月額6,000円の新プラン「ギガモンスター」発表、「容量が足らない!」というストレス解消へ』)。
 
関連リンク:「スーパーデジラ」新登場! 大容量データ定額サービス「データ定額20」、「データ定額30」を追加(KDDI)
 
 
 

関連カテゴリー