格安スマホの満足度1位は「IIJ mio」に、全体の6割が満足と回答

2015年6月2日 16時59分更新


Pocket

・事前調査で利用者の多かった5社の満足度を調査

・月額料金平均額は2961円、一方データ通信量は2GB未満がもっとも多く、ライトユーザーが多め

・満足度調査で満足と回答した人が一番多かったのはIIJ mio。しかし全業者で半数以上は満足

 
 
 MMD研究所は「2015年5月格安スマホ利用者の満足度調査」を実施した。調査は、事前調査において利用者の多かったNTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONE)、インターネットイニシアティブ(IIJ mio)、ビッグローブ(BIGLOBE LTE 3G)、フュージョンコミュニケーションズ(楽天モバイル)、日本通信(b-mobile)のMVNO5社が提供しているSIMのいずれかをスマートフォンで利用している人(以下、格安スマホ利用者)を対象に、格安スマホ利用者250サンプルずつ計1,250サンプル取得している。

 格安スマホ利用者(N=1,250)を対象に月額料金について聞いたところ、「1,000円以上2,000円未満」と回答した人が29.5%と最も多く、次いで「1,000円未満」と回答した人が19.7%、「2,000円以上3,000円未満」と回答した人が16.0%という結果となった。これを平均すると月額料金は平均2,961円となった。

CS20150605002_001

 また格安スマホの1カ月の平均データ通信量について聞いたところ「2GB未満」が24.7%と最も多く、次いで「3GB未満」が19.8%、「1GB未満」が17.9%という結果となった。これを平均すると1カ月の平均データ通信量は平均2.8GBとなった。

CS20150605002_002

 各サービス利用者(各250人)を対象に自身が利用している格安スマホの満足度について聞いたところ、総合評価で「満足」と「やや満足」を合算し、全体(N=1,250)で61.2%が「満足」という結果となった。
 格安スマホサービス別の満足度はIIJ mioが70.8%、OCNモバイルONEが65.2%、BIGLOBE LTE 3Gが62.0%、b-mobileが54.8%、楽天モバイルが53.2%と、IIJ mio利用者の満足度が最も高い結果となった。

CS20150605002_003

関連カテゴリー