固定ブロードバンドサービス利用者満足度、NURO光 が75.8ポイントで1位に―ICT総研調べ

2018年7月27日 10時18分更新

表1.固定ブロードバンドサービスの加入者数
表1.固定ブロードバンドサービスの加入者数

表2.FTTHサービスの需要予測
表2.FTTHサービスの需要予測

表3.モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引利用状況
表3.モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引利用状況

表4.主なFTTHサービス利用者の満足度
表4.主なFTTHサービス利用者の満足度

Pocket

 株式会社ICT総研は7月27日、「2018年度 ブロードバンドサービスの市場動向」に関する調査結果をまとめた。同調査は、電気通信事業者、関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザーへのwebアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したものとなっている。
 
 

2017年度(2018年3月末)の固定ブロードバンドサービスは3,935万件で前年比64万件の増加

 光回線(FTTH)、ADSL、CATVインターネットを合わせた固定ブロードバンドサービスの加入者数は、2018年3月末時点で3,935万件となった。固定ブロードバンドサービスの総加入者数は前年と比べて64万件増で伸び率は1.6%となった。
 3,935万件のブロードバンドサービスのうち、光回線は3,031万件で77%を占める。2017年度の1年間における光回線純増数は96万件となり、純増数は前年の144万件を下回った。ADSL回線はさらに減少傾向が続いており、累計215万件で前年から37万件の減少となっている。CATVインターネットは689万件で前年の685万件から4万件増加した。動画配信・音楽配信サービスなどの大容量データ通信ニーズが高まっていることもあり、固定ブロードバンドサービス市場は成長を続けている。
 
表1.固定ブロードバンドサービスの加入者数
 
 

2018年度のFTTH加入者数は3,130万件へと成長、 2020年度には3,300万件へ

 光回線サービス(FTTH)の累計加入者数は、2017年度末時点で3,031万件に達した。2015年からNTT東西によるコラボ光サービスが開始され、3年が経過した2018年3月末には、コラボ光サービス契約数は1,112万件へと成長している。2018年度末にはNTT東西合計でコラボ光サービスは、1,312万件に拡大すると見込まれており、フレッツ光サービスのうちコラボ光契約数は62%に達する見通しだ。
 コラボ光の市場が拡大したことで2016年度はISPの契約数も回復したが、2017年度はやや停滞気味となった。ICT総研は、2018年度は純増数が99万件で累計3,130万件、さらに2019年度末には3,310万件に成長すると予測している。
 
表2.FTTHサービスの需要予測
 
 

セット割引サービス利用者は全体の36.6%、NTTコラボ光のセット割引利用者は11.7%

 コラボ光の普及とMVNO市場の成長もあって、多くの通信サービス事業者がモバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引制度を導入している。セット割引制度は、通信事業者による加入者獲得と解約阻止の役割を果たしており、auスマートバリューが先行してこのサービスを展開してきた。
 ICT総研が2018年7月に実施したWebアンケート調査において、auスマートバリュー(セット割引)の利用者は13.0%、NTT光コラボ(セット割引)の利用者は11.7%となっている。その他のサービスのセット利用者を加えると全体の36.6%が、セット割引を利用していることになる。昨年の同時期に実施したアンケート調査では、NTT光コラボ(セット割引)の利用者は10.6%だったが、この1年間で利用率が伸びている。
 セット割引を利用していないユーザーは31.0%、セット割引の対象となっていないサービスのユーザーが32.4%で両方を合わせると全体の6割以上を占めている。したがって潜在的なセット割引の需要はまだ残されていると言えるだろう。
 
表3.モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引利用状況
 
 

利用者満足度はNURO光 が75.8ポイントで1位、eo光が67.9ポイントで2位

 Webアンケート調査で、固定ブロードバンドサービスの利用者による顧客満足度を分析したところ、NURO光の満足度ポイントが75.8ポイントで1位だった。続いてケイ・オプティコムのeo光の満足度ポイントが67.9Pで2位となった。NTTフレッツ光(コラボ光でないもの)は63.5Pで3位、auひかりが63.0Pで平均値を上回る満足度を得ている。
 NURO光は、「通信速度」の満足度や「料金」満足度でも上位に位置しており、他社にない超高速ブロードバンドサービスがユーザーから高く評価されている。
 
表4.主なFTTHサービス利用者の満足度
 
 動画サービスなどの普及によって、これまで以上に高速・高品質なサービスが求められており、各社から新たなサービスが提供されることになりそうだ。また、全てのブロードバンドサービスのうち、1ギガbpsを超える超高速サービスの利用率は7%近くに達しており、ICT総研は「今後はさらに利用率が高まる見込みだ」と予測している。
 
 
関連リンク:ICT総研「2018年度 ブロードバンドサービスの市場動向調査」
 
 
 

関連カテゴリー