携帯電話

格安SIM総合満足度トップはmineo、事業者の信頼性などで高い評価 ― ICT総研調べ

2019年10月10日 11時29分更新

 株式会社ICT総研は10月10日、「2019年MVNO格安SIMの市場動向調査」の結果をまとめた。同調査は、引き続き拡大局面にあるMVNO格安SIM市場の実態や利用動向の把握を目的としたもので、インターネットユーザー10,907人に対するWebアンケートの回答結果を基にしている。

続きを読む»

携帯電話サービス顧客満足度調査、au が 4 年連続で総合満足度第1位―J.D. パワー

2019年9月27日 11時16分更新

 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパンは、2019年携帯電話サービス顧客満足度調査の結果を発表した。同調査によるとauが4年連続の総合満足度第1位。「電話機」「各種提供サービス」「各種費用」「電話機購入経験」「アフターサポート」の5ファクターで最高評価となった。

続きを読む»

法人向け携帯電話サービス顧客満足度調査、大企業・中堅企業市場では KDDI、中小企業市場では NTT ドコモがそれぞれ4年連続第1位

2019年8月23日 14時27分更新

 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパンは、2019年法人向け携帯電話サービス顧客満足度調査の結果を発表した。

続きを読む»

KDDIも最大4割値下げ、国内初のデータ制限ないプランも導入

2019年5月13日 14時04分更新

 KDDIは13日、携帯電話の通信料を最大4割値下げする新料金プランを発表した。新たに提供を開始する「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」に、「家族割プラス」を適用することで最大4割引を実現するほか、デー […]

続きを読む»

ドコモ、新料金プランで「最大4割値下げ」お得感とわかりやすさ追求

2019年4月15日 18時00分更新

 NTTドコモは15日、都内で記者発表会を開き、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」「データプラス」「ケータイプラン」「キッズケータイプラン」を6月1日から提供開始すると発表した。新料金プランは、家族間国内通話無料の音声プラン、spモード、データ通信をワンパッケージにした料金プランで、外出先でも動画などのデータ通信が多い人向けの「ギガホ」、メールやSNSの利用が中心でデータ通信が少ない人向けの「ギガライト」の2つから選択できる。

続きを読む»

2018年最速のキャリアやプロバイダを表彰!RBB SPEED AWARD 2018 

2019年4月12日 10時12分更新

 イードは、通信速度測定サービス『RBB SPEED TEST』の測定データを集計し、実測値が速かったサービスを表彰する『RBB SPEED AWARD 2018』を発表した。

続きを読む»

ソフトバンクが1,398人に緊急調査、「令和」発表後に「#新元号を絵文字で調査」

2019年4月2日 11時48分更新

 ソフトバンクは、新元号発表を受けた「今の気持ち」や、残り1カ月となった平成にちなみ「平成最後の日に食べたいもの」、そして「新時代に期待していること」を、平成生まれの文字“絵文字”で答えてもらう「#新元号を絵文字で調査」を実施した。

続きを読む»

有料動画配信サービス、満足度1位はNetflix!2位にDAZNが続く―ICT総研調べ

2019年2月22日 11時42分更新

 ICT総研は2月22日、「2019年 有料動画配信サービス利用動向に関する調査」の概要をまとめた。同調査は、動画配信サービス運営会社・関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4,222人へのWebアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したものとなっている。

続きを読む»

スマートデバイスからの利用がますます加速!J.D. パワー「2019年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」

2019年2月20日 15時05分更新

 J.D. パワー ジャパンは、2019年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査の結果を発表した。同調査は、年に一回、固定ブロードバンド回線サービスを家庭で利用しているユーザーを対象に、固定ブロードバンド回線サービスの利用状況や各種経験、満足度を明らかにする調査であり、今年で6回目となる。

続きを読む»

「LINEは家族・友達との連絡がとりやすい」シニア層がトップ―モバイル社会研究所調べ

2019年1月3日 10時30分更新

 モバイル社会研究所は、全国の15~79歳の男女を対象に、SNS(調査対象:「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」)の利用状況を調査した。調査時期は2015年1月・2016年1月・2017年1月・2018年1月。調査の結果、2018年は「LINE」が33.8%でトップ、続いて「Twitter」が22.4%となった。年代別のSNS利用率を見てみると、「LINE」は10代~60代まで幅広い年代が利用しており、「Twitter」は10代~40代、「Facebook」は20代~50代、「Instagram」は10代~30代とサービスにより年代に違いがあるようだ。

続きを読む»