日本一せっかちな都道府県民は?ドコモヘルスケア ウェアラブル活動量計データ調査の「日本で一番せっかちな都道府県」

2016年10月27日 16時09分更新


Pocket

 ドコモ・ヘルスケア株式会社は、「ムーヴバンド® 3」の早歩き歩数データを用い、日本で一番せっかちな都道府県はどこかを調査し、発表した。

 「ムーヴバンド 3」は腕に着けるだけで、歩数・睡眠(時間/状態)・消費カロリー・移動距離などが計測できるウェアラブル活動量計であり、腕につけて生活すると「歩数」「移動距離」といった運動の量だけではなく、「走行」「早歩き」「歩行」といった運動の強度や、睡眠時間と睡眠の状態(深い・浅い・覚醒)などもアプリで確認することができる。

 本調査は「ムーヴバンド3」利用者男女10,362人の居住都道府県と歩行歩数および早歩き歩数のデータをもとに行われた。結果、歩行総数に対して早歩きの割合(早歩き率※)が最も高い、「日本で一番せっかちな県民」は、神奈川県民であることがわかった。

■ 日本で「最もせっかちな都道府県民」

 「ムーヴバンド3」の利用者のデータを基に、早歩き率を都道府県ごとにランキング化したところ、1位は早歩き率は平均29.2%で神奈川県、2位以下は、東京都、埼玉県、千葉県と続き、上位を関東地方の都と県が占めた。その一方で、数値が最も低く、一番のんびりしていた鳥取県の早歩き率は平均12.3%、早歩き歩数は590歩で、1位の神奈川県とは1,568歩も差がでた。
 ちなみに早歩きと歩行の合計歩数においても神奈川県は第1位で、1日平均7,400歩、最も合計歩数の少ない県は山口県で、1日平均4,458歩となった。

main

main

 また、日本の二大都市である、東京都民と大阪府民の早歩き率を比較したところ、東京都民の方が1日3%も多く早歩きしていることがわかった。歩数全体では、ほとんど数値に違いがないにも関わらず、早歩き歩数では、東京都が1日平均209歩も多いという結果となった。

main

 大阪府民は、「せっかち」というイメージを持たれがちだが、歩行に関する傾向・データから見ると、実際は大阪府民より東京都民の方がせっかちであることが判明した。

 早歩きは、通常のスピードで歩くより、健康増進・ダイエット・病気の予防にもつながるという点で、良いことづくしと言われているが、このように「歩数」だけではなく「早歩き」が計測できる歩数計やウェアラブル端末を活用し、アプリ上で自分の運動を記録、可視化することで、生活習慣の改善にも役立てることができそうだ。

【調査概要】

調査主体 : ドコモ・ヘルスケア株式会社
調査期間 : 2016年3月~10月
調査対象 : 「ムーヴバンド3」を利用している18歳から91歳の男女10,362人
(男性:5,629人 / 女性:4,733人)
調査方法 : 「ムーヴバンド3」の利用者の運動データ(「歩行歩数」「早歩き歩数」)および居住地の集計・分析
  
  

関連カテゴリー