ブロードバンドアワード2022

2023年1月24日 12時00分更新


Pocket

関東はiTSCOMが最優秀に、無線LANルータはティーピーリンクが1位

株式会社イードは、満足度の高い通信事業者のベストサービスを選ぶ「RBB TODAY ブロードバンドアワード2022」の結果を発表した。

キャリア部門(エリア別総合)を見てみると、関東地域では昨年のNURO光にかわりiTSCOM(イッツ・コミュニケーションズ)が最優秀を受賞しました。プロバイダ部門では、引き続きASAHIネットが支持され満足度1位となっている。

テレワークが認知されて自宅のWi-Fiの性能にも目が向けられているが、通信機器のキーとなる無線LANルータはティーピーリンクジャパンが最優秀を受賞。競争が激化している有料動画サービスでは、dアニメストア(NTTドコモ)が最優秀を受賞した。

調査期間:2022年12月19日(月)~2023年1月10日(火)
回答数:7,371
票調査方法:株式会社イードが運営するアンケートサイト「あんぱら」および外部協力パネルによるインターネット調査
結果は以下のとおり。

キャリア部門【エリア別総合】

最優秀

北海道フレッツ光(NTT東日本)
東北ドコモ光(NTTドコモ)
関東iTSCOM(イッツ・コミュニケーションズ)
甲信ドコモ光(NTTドコモ)
北陸auひかり(KDDI)
東海コミュファ光(中部テレコミュニケーション)
近畿eo光(オプテージ)
中国フレッツ光(NTT西日本)
四国ピカラ光(STNet)
九州BBIQ(QTNet)

キャリア部門【自宅Wi-Fiの回線スピード満足度】

最優秀

北海道フレッツ光(NTT東日本)
東北ドコモ光(NTTドコモ)
関東So-net光(ソニーネットワークコミュニケーションズ)
甲信ドコモ光(NTTドコモ)
北陸ドコモ光(NTTドコモ)
東海フレッツ光(NTT西日本)
近畿フレッツ光(NTT西日本)
中国SoftBank光
四国フレッツ光(NTT西日本)
九州BBIQ(QTNet)

キャリア部門【その他サービス】

最優秀

セキュリティサービスの部フレッツ光(NTT西日本)
長期契約の部U-NEXT光コラボレーション(U-NEXT)
継続意向の部ピカラ光(STNet)

プロバイダ部門

最優秀

総合ASAHIネット
セキュリティサービスの部OCN(NTTコミュニケーションズ)

無線LANルータ部門

最優秀

総合ティーピーリンクジャパン

有料動画サービス部門

最優秀

総合dアニメストア(NTTドコモ)
長期契約の部ひかりTV(NTTぷらら)
継続意向の部Amazonプライムビデオ(Amazon)
・株式会社イードによる調査
URL:https://www.iid.co.jp/

関連カテゴリー