じゃらんが発表する人気温泉地ランキング2019!―じゃらん

2019年1月18日 10時54分更新


Pocket

 リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』は、インターネット調査によるアンケートの回答から関東エリア在住者が「もう一度行きたい温泉地」ベスト30を発表。今回はTOP10を紹介。温泉だけじゃない楽しみも満載の魅力ある温泉地!温泉を楽しみながらその土地ならではの魅力を満喫してはどうだろうか。

◆関東・甲信越・静岡エリアの数ある温泉地の中からランキング

1位 神奈川 箱根温泉
 都心から近い!温泉・観光地 箱根。四季折々の自然の景色は美しく、美術館・博物館、その他レジャー施設、また正月の箱根駅伝をはじめイベント・祭事も多く、1年を通じて楽しめる。国内外で愛される不動の1位。
箱根
【泉質】単純温泉・炭酸水素塩泉・塩化物泉・硫酸塩泉など

2位 群馬 草津温泉
 東京から車で3時間。日本三名泉の1つである草津温泉。自然湧出量は日本一を誇り1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出している。草津の旅館や温泉施設で「源泉かけ流し」ができるのはこのおかげ。また、日本有数の酸性度で、pH値はナントなんと2.1(湯畑源泉)。雑菌などの殺菌作用は抜群。“源泉の湯”を堪能できる。
草津
【泉質】酸性泉

3位 静岡 熱海温泉
 東京からも程近く、気軽に行ける温泉スポットとしても人気。温泉街には、熱海七湯と名付けられた古くからある源泉があるなど、熱海温泉の歴史はとても古い。夏は海水浴に訪れる人も多く海沿いなどにはホテルや旅館などが密集している。
熱海
【泉質】単純温泉、塩化物泉、硫酸塩泉

(4位以下はこちら)
4位 栃木 鬼怒川温泉
5位 群馬 伊香保温泉
6位 群馬 万座温泉
7位 群馬 四万温泉
8位 神奈川 湯河原温泉
9位 栃木 那須温泉
10位 栃木 日光湯元温泉
 
 
 
 

 

関連カテゴリー