日本一の朝食は「岐阜都ホテル」!楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル 2018」

2018年11月30日 09時13分更新


Pocket

 旅行予約サービス「楽天トラベル」は、 日本全国の楽天トラベル登録宿泊施設が自慢の朝ごはんを競い合う料理コンテスト「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル 2018」において、 岐阜県の岐阜都ホテルが出品した「あゆ雑炊~香ばしい鮎チップを添えて~」と「奥美濃古地鶏の朴葉味噌焼き」の2品が、 「日本一美味しい宿の朝ごはん」に決定したことを発表した。
 
 
■「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル 2018」

優勝 
岐阜県 岐阜都ホテル
「あゆ雑炊~香ばしい鮎チップを添えて~」「奥美濃古地鶏の朴葉味噌焼き」

準優勝  
三重県 ホテル 季の座
「三重の旬材!地鶏らんらん(卵卵)蒸し」「農家朝獲れ野菜と時季鮮魚の塩煮郷土汁」

第3位  
長野県 白骨の名湯 泡の湯
「じっくりコトコトまろやか温泉粥」「女将の気まぐれ小鉢」

第4位
島根県 国民宿舎千畳苑 
「ノドグロの炙り朝寿し」「浜田あんこうの道具汁、 芋煮仕立て」

第5位  
香川県 小豆島温泉 リゾートホテルオリビアン小豆島
「カリッとモチっと♪小豆島ガレット」「島鱧・せとうち海鮮味噌汁」

第6位  
栃木県 那須温泉 ホテルエピナール那須
「大地の恵み♪ほうれん草のチャウダー」「いちごのフレンチトースト」
 
 
 日本一を決定する朝ごはんフェスティバルのファイナルステージは、11月28日に服部栄養専門学校(東京都渋谷区)にて開催され、全国約1300のエントリーの中から一次審査(一般ユーザーによるウェブ投票および楽天トラベルに寄せられた宿泊者の食事評価)と二次審査(一般審査員約600人による試食・投票)を勝ち抜いたベスト6の朝ごはんと追加の一品を、各宿泊施設のシェフが腕によりをかけて調理した。
 シェフの神田川俊郎氏をはじめとする4名の審査員は、調理現場の視察や、宿泊施設が料理に込めた思いやこだわり、食材などの説明を聞いた上で試食を行い、「美味しさ」「コンセプト」「表現力」「独創性」「地域性」「朝ごはんとしての適切性」「技術」の7項目を審査した。
 
d21228-174-648889-0
 
 優勝した岐阜県「岐阜都ホテル」の朝ごはんは、「岐阜の豊かな素材をお客様に味わってほしい」というシェフの想いが込められた郷土料理。あゆ雑炊は香ばしい鮎の旨味が溶け込んだ優しい味わいで、食べる直前に鮎チップを乗せるとカリカリした食感と鮎の香りをさらに楽しめる一品。審査員からは、「出汁が優しく、鮎が苦手な人でも美味しく食べらる雑炊。2品を合わせて食べても美味しい。」(落合務氏)「あゆ雑炊がとてもとても深みがあり、珍しい一品。」(浜内千波氏)と評価された。
 
d21228-174-182778-1
 
 準優勝の三重県「ホテル 季の座」は、コラーゲン入りの見た目にも美しい地鶏卵を使用した玉子蒸しと魚と野菜で作るシンプルな郷土汁を出品しました。郷土汁は、「スープのうま味がしっかりでていて、味わいに奥行きがあった。」(神田川俊郎氏)と評価されました。
 
d21228-174-707881-2
 
 第3位は、長野県「白骨の名湯 泡の湯」が出品した白骨温泉で炊いたお粥と副菜小鉢。素朴ながら長年親しまれて続ける朝ごはん。「女将さんそのもので、どれも心のこもった一品。」(浜内千波氏)と好評だった。
 
 「朝ごはんフェスティバル」は、日本全国の楽天トラベル登録宿泊施設を対象とした朝ごはんの料理コンテスト。朝ごはんに注力する日本全国のホテルや旅館、各地域の食文化、そして“朝ごはんをきっかけに行く旅”の魅力を広く紹介するために、楽天トラベルが2010年より毎年開催しており、今年で9回目を迎えた。
 
 
 

関連カテゴリー