お好み焼き人気が年々上昇、第1位は大阪「お好み焼き ちとせ」!外国人に人気の日本のレストラン

2017年6月19日 11時56分更新


Pocket

 トリップアドバイザーは、トリップアドバイザー上に投稿された外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の日本のレストラン2017」を発表した。お寿司や和牛をはじめ、イタリアン、メキシカン、ペルシャ料理、タイ料理などの多国籍料理やフュージョン料理を提供するところや、グルテンフリーメニューを提供するレストランなどが入った、ユニークなランキング結果となった。
 
 
■外国人に人気の日本のレストラン2017 トップ30 
※( )内は昨年度順位。「初」は、ランキング初登場の意
 
d1853-466-998224-0

 同年で4回目となる「外国人に人気の日本のレストランランキング」だが、大阪の『お好み焼き ちとせ』が昨年の28位から大きく順位を上げて1位に選ばれた。お好み焼きは、一度食べるとその美味しさに魅了され、手頃な価格で食べれるジャパニーズフードでありながら、ベジタリアンに対応のお店も多いことから、年々人気を集めているようである。
 2位には、昨年の12位より順位を上げたイタリア料理の『ニーノ』(奈良県奈良市)が、3位にはフレンドリーなオーストラリア人のオーナーが旅のワンポイントを教えてくれると人気の『クマ カフェ』(大阪府大阪市)がランクインした。
 
 今年は、半分以上のレストランがランキングに初登場。ランクインした施設は、和牛、お好み焼き、ピザ、お寿司、エスニック料理とジャンルは多岐にわたっている。今年は、居酒屋スタイルのお店やお好み焼き屋など、比較的手頃な価格で食べられる施設が多く選ばれた。口コミを見てみると、味への評価もさることながら、「welcoming(歓迎してくれる)」、「comfortable(居心地が良い)」、「reasonably priced(手頃な価格)」、といった評価が目立つ。英語に精通したスタッフを抱えるお店も多いようで、外国人旅行者の受け入れ態勢が整っているところは人気のようである。また昨年と比較すると、北陸新幹線の影響もあってかランクインした石川県金沢市の施設が1軒から4軒に、岐阜県高山市の施設が2軒から6軒に増えているのが特徴的。外国人観光客が主要観光都市である東京、大阪、京都のみを回るのではなく、地方の観光スポットに足を延ばしている様子が伺える。
 
 
■評価方法
2016年4月~2017年3月の1年間にトリップアドバイザー上の日本のレストランに投稿された日本語以外の口コミを、評価点(5段階)の平均、投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計。
 
 
 

関連カテゴリー