「山の日」祝日制定で注目度UP!?1位は世界遺産「ドロミテ」!海外の夏の絶景ランキング発表

2016年6月27日 13時49分更新


Pocket

 株式会社エイチ・アイ・エスは、H.I.S.が運用するSNSの旅好きのファンの方々約100 万人を対象に、事前アンケートで“夏”だからこそ楽しめる絶景スポットを回答、その上位20 のスポットを選択肢に設定し、「行ってみたい!海外の夏の絶景投票キャンペーン」と題し、夏ならではの行ってみたいと思う絶景スポットに投票してもらうキャンペーンを実施、そのランキング結果を発表した。
 
 旅好きのH.I.S.SNSフォロワーにお勧めの夏の絶景を事前アンケートしたところ、滝や湖、海といった夏だからこそ涼しげな景色が広がる絶景や、緑が豊かなマイナスイオン溢れる大自然が多く寄せられた。その中からH.I.S.SNSフォロワーが“行ってみたい海外の夏の絶景”として多くの投票を頂いた第1位は、イタリア北東部に位置し、東アルプス山脈の一部である世界遺産「ドロミテ(ドロミーティ)」。まるで彫刻のような美しい山々が連なるドロミテが1位に輝いた背景には、2016年8月11日に新たに祝日として制定された「山の日」の注目度が反映されていると推察される。山に登ったり、美しい山岳風景を楽しむことで、慌しい日常から抜け出しリフレッシュしたり、フォトジェニックな写真を撮りたい思いが反映されているようである。
  
 
【行ってみたい!世界の夏の絶景ランキング結果】
1位【イタリア】ドロミテ<圧巻の大自然!風光明媚な山岳景勝地>
無題
 
 イタリアが誇る世界遺産で、イタリア北東部、東アルプス山脈の一部であるドロミテはドロミーティとも呼ばれる。北はリエンツァ川から、西はイザルコ川とアディジェ川、南はブレンタ川、東はピアーヴェ川に囲まれたエリアを指します。3000m級の山が18もあり、尖った峰や岩壁、氷河など、ここでしか見ることができないような見事な景観が広がる。美しい景色を眺めながらのハイキングやサイクリング、ドライブが人気。激しい地殻変動の特徴が見られるこのエリアは、地質学的にも重要とされており、世界遺産に登録されている。
 
 

2位【イタリア】カプリ島 青の洞窟<神秘的なブルーの世界>
無題2
 
 ナポリのカプリ島にある「青の洞窟」は、断崖絶壁にわずかに開いた入り口から内部に入る。穴から洞窟内に入った太陽光が石灰を多く含んだ白い海底に反射することで、海が青い光をたたえるように輝く。太陽が降り注ぐ夏には美しい青が見られる。入り口が非常に狭い為、波が高い日は入場禁止。そう簡単には出会えない絶景である。
 
 
3位【カナダ】カナディアンロッキー・モレーン湖<旧カナダ紙幣のデザインに使用されたエメラルド色に輝く湖>
無題3
 
 カナダの人気スポット「モレーン湖」はバンフ国立公園内、標高1884mに位置する氷河湖。早朝の静かな時間は写真撮影に最適!湖畔に聳える高峰テンピークス(10の峰)から差し込む朝日が、湖面に照り映えて光り輝く様は必見。雪解け水と一緒に氷河によって削り取られた小さな土砂が浮遊し、光が屈折することで神秘的なエメラルド色を作り出すといわれている。5月下旬~6月上旬に道路が開放され、10月上旬には閉鎖される。
 
 
 その他ランキングの詳細は以下URLを参照していただきたい。
http://www.his-j.com/trend/summer_world/index.html?cid=re_1606_79
 
 
 

関連カテゴリー