「北海道じゃらん」が発表、道の駅満足度ランキング「流氷街道網走」3年ぶり1位

2017年6月19日 12時39分更新


Pocket

 【網走、斜里、美幌】旅行雑誌「北海道じゃらん」が行った「道の駅満足度ランキング2017」で、網走市の「流氷街道網走」が3年ぶりに1位に返り咲き、地元北海道新聞に掲載された。昨年首位だった斜里町の「うとろ・シリエトク」は2位、昨年2位だった美幌町の「ぐるっとパノラマ美幌峠」は5位に後退したものの、依然として斜網地区の道の駅人気が衰えていないことを裏付ける結果となった。

 アンケートは、全道の道の駅117カ所を対象に、読者が「トイレ」「食事メニュー」「道路や行楽のリアルタイム情報」「テークアウトメニュー」など9項目を5段階で評価。その結果を100点満点に換算し、「総合満足度」として順位を決めた。

 「網走」は、総合満足度89・0点と前年より10・9点上昇。昨年、販売コーナー「オホーツク楽市楽座わごん」を新たに設け、地場産品の土産物が増えたことが高く評価された。英語や中国語を話せる職員を常駐させ、増加する外国人観光客への情報提供に力を入れ続けてきたことも高得点につながったとのこと。
 
北海道2
 
 
 
 
 
 
 
 

関連カテゴリー