1億円近い賠償金が発生したケースも――オリコン顧客満足度ランキング「自転車」編

2014年12月12日 11時00分更新


Pocket

・自転車事故では加害者側に1億円近い損害賠償が請求されたケースもある

・1位はチューリッヒ保険のスーパー傷害保険Lite、2位はセブン -イレブンの自転車保険

・加入検討者の関心は賠償責任特約に関するものが多い

 
 
 オリコンは2014年12月1日、自転車保険における顧客満足度ランキングを発表した。自転車事故の加害者に対し、に1億円近い高額賠償を命じる判決が出るなど、自転車と歩行者の事故が増加している現状を受け、兵庫県では自転車保険の加入を義務付ける条例案が提出されたことも記憶に新しい。
 ランキングは「総合」「申込みの多様性」「商品内容のわかりやすさ」「商品内容の充実度<付帯サービス等を含む>」「加入手続きの容易さ・早さ」「保険料」 「保険加入後のアフターフォロー」「会社の信頼性」の項目から作成される。

CS20141212001_001

 ランキング1位はチューリッヒ保険のスーパー傷害保険Lite、2位はセブン -イレブンの自転車保険となった。セブン -イレブンの自転車保険はセブンイレブンの店舗で加入できる手軽さが人気だ。

 なおチューリッヒ保険の担当社によると、ニュースなどで自転車事故に関する報道が流れると問い合わせが一気に増える傾向があるのだという。スーパー傷害保険Liteについても、問い合わせの多くは賠償責任特約に関するもので、自分が怪我をした場合よりも、相手に怪我をさせてしまった場合の不安から加入するケースが多いようだ。

関連カテゴリー