ドコモの新たな価値提供「docomo LOUNGE」丸の内にオープン

2014年6月27日 17時09分更新

Pocket

 NTTドコモは6月25日、ドコモが掲げるスマートライフを体験できる「docomo LOUNGE」を丸の内にオープンした。従来の「ドコモスマートフォンラウンジ丸の内」を改装してフロアを1.8倍に拡大、ドコモが展開するラウンジでは全国で1番の規模となる、新しいコンセプトのものとしてリニューアルした形だ。

 コンセプトは「映画、音楽、本、雑貨、ファッション等、あなたの好きなモノが、きっと見つかる。」となっており、ドコモショップでは体感しきれない、スマートライフの魅力をユーザーに身近に感じてもらうことを目的としている。店内はアイボリー調の空間作りを心がけており、リラックスできる雰囲気だ。仕事の空き時間や待ち合わせなど、誰でも気軽に利用してもらえれば、とNTTドコモ プロモーション部の沖成徳課長は説明する。

IMG_0960

コンセプトの説明をするNTTドコモ プロモーション部の沖成徳課長

 店内はカフェエリアと、季節ごとの旬のテーマに沿ったスマートライフの展示エリアの2区分されている。カフェエリアにはテーブル席の他、ソファ席もあり、おしゃれでくつろげるスペースとなっている。「Xperia Z2 Tablet」や「iPad」などの自由に使える最新タブレット端末が約50台用意され、「dマガジン」、「dヒッツ」、「dビデオ」といったドコモのサービスが無料で体験でき、電子書籍や映画、音楽が店内でゆっくり楽しめるようになっている。音楽や映画を利用する際はヘッドホンの貸出を行なっているそうだ。ドコモのアプリである「ショッぷらっと」の登録が必要になるが、コーヒーや紅茶といった飲み物も無料で提供される。

IMG_0989 IMG_0971

 

飲み物はコーヒー、カフェオレ、紅茶、緑茶の4種類。ホットとアイスが用意されている。

飲み物はコーヒー、カフェオレ、紅茶、緑茶の4種類。ホットとアイスが用意されている。

 展示エリアは季節によってコーナーは代わるが、オープン時は「サッカー」、「マイケルジャクソン」「お祭り・花火」、「夏の健康」、「アウトドア」の5つのコーナーが展示されていた。ドコモのサービスによって、それらテーマにおけるスマートライフがより楽しく、便利に実現できることを紹介している。

IMG_0972 IMG_0977

 例えば「サッカー」の展示ではブラジルW杯を中心にして、日本代表のユニフォームやスマートフォンケースを展示、タブレットではW杯のテーマソング、オフィシャルブックなどを紹介している。ポイントは全てドコモのサービスを通じて購入できるものが展示されている点だ。サッカーという1つのテーマで、このようなドコモのサービスが楽しめる、というように紹介されている。
 また「お祭り・花火」のテーマでは浴衣が展示されていた。もちろんこの浴衣も「dファッション」で購入できる他、「dブック」では浴衣の着付け方をタブレットでいつでも確認できる、というような展示の仕方をしている。他のコーナーも簡単に取り上げると、「マイケルジャクソン」の展示では彼の映画や音楽を、「夏の健康」ではサプリメントやエクササイズの書籍を、「アウトドア」では山登りや旅行をテーマに、アウトドア商品や動画が展示されており、やはりいずれもドコモのサービスを介して購入できるものばかりである。

IMG_0975 IMG_0980

 「dビデオ」や「dマガジン」といったサービスは月額料金を支払えば見放題、読み放題となるものだが、実際の使用感やラインナップを確認できないことには中々手を出しづらいものでもある。そういった一歩をユーザーに踏み出させる場として、この「docomo LOUNGE」は最適の場となろう。ドコモは自社が提供するサービスの利便性をユーザーに知ってもらい、利用してもらうきっかけを創りだした形だ。

 携帯事業は契約数の頭打ちや、プラン・電波品質のフラット化により、これまでの競争方針を変更せざるをえなくなっている。価格競争から価値競争へ、既存ユーザーのARPUをどこまで高められるかに焦点がシフトしてきている。またユーザーの多くはショップで新規契約や機種変更する時にしか、キャリアの展開するサービスに新たに加入しない傾向がある。そのためショップに足を運ばない既存ユーザーを、如何に自社サービスに引きこむかがARPU向上の鍵となっている。
 「docomo LOUNGE」はその点を意識したつくりとなっている。「誰でも気軽に」入れるようにし、自社サービスとの接点をもってもらい、サービスについて疑問があればスタッフが丁寧な解説をしてくれる。ドコモショップと隣接しているので、気が向けばすぐに契約できるし、またショップにやってきたユーザーが待ち時間に、サービスの使い勝手を試すこともできる。店内で紹介されているサービスはドコモユーザーではなくても利用・契約できるのもポイントである。
 店内の一角にはイベントスペースも設けられており、新商品発表イベントやセミナーを開催する予定だ。「docomo LOUNGE」はドコモの顔となり、情報発信の拠点になるという。ドコモのブランドイメージがここから新たに築き上げられていくのか、注目していきたい。

 なおオープンから1ヶ月はオープニングキャンペーンとして来店者にオリジナルキャンディーをプレゼントする「Welcom Candy」を、また毎週水曜日の17時より週替りで話題のスイーツを先着100名にプレゼントする「Sweet Wednesday」を開催している。

入り口付近に展示されているスマートフォンアクセサリー。これらもドコモのサービスで購入できる。

入り口付近に展示されているスマートフォンアクセサリー。これらもドコモのサービスで購入できる。

店内で提供される飲み物と、キャンペーンで配布されるスイーツの1つ

店内で提供される飲み物と、キャンペーンで配布されるスイーツの1つ

 

関連カテゴリー