自動車

オリックスカーシェアが2年連続顧客満足度第1位!2018年日本カーシェアリングサービス顧客満足度調査

2018年3月8日 10時54分更新

 J.D. パワーは、2018年日本カーシェアリングサービス顧客満足度調査の結果を発表した。同調査は企業提供型カーシェアリングサービスの満足度を明らかにするもので、対象とした3社のサービス中、オリックスカーシェアが2年連続で総合満足度第1位となった(682ポイント)。オリックスカーシェアは「車両」、「予約(ウェブページ/モバイルアプリ)」、「サービスメニュー」の3つのファクターにおいてトップ評価となった。

続きを読む»

レンタカーサービス、タイムズカーレンタルが2年連続で顧客満足度1位ーJ.Dパワー

2018年3月5日 14時57分更新

 年に一回、直近1年以内に日本国内でレンタカーを利用した18~64歳男女(法人利用、代車利用除く)を対象に、レンタカーサービスに対する満足度を明らかにする調査。今年で2回目となる。結果は、タイムズカーレンタルが2年連続顧客満足度第1位となった。

続きを読む»

復興進む九州の絶景道が1~2位獲得!ライダーの投票で決まる絶景道ランキング 2018

2018年3月1日 11時05分更新

 エイ出版社が発行する月刊誌『BikeJIN』は、毎年恒例の「絶景道ランキング 2018」を発表した。    行楽シーズンを迎えるこの時期に毎年発表する「絶景道ランキング」は、全国の絶景道を走り尽くしている『BikeJI […]

続きを読む»

AMT化が進む大型トラック、日野が顧客満足度9年連続1位を獲得!2018年 日本大型/小型トラック顧客満足度調査

2018年1月18日 11時22分更新

 J.D. パワーは、2018年 日本大型/小型トラック顧客満足度調査の結果を発表した。調査の結果、大型、小型とも、日野が顧客満足度第1位となった。日野は大型では9年連続、小型で4年連続の1位となる。     【大型トラ […]

続きを読む»

米自動車の購入者が選んだ、「満足度」が最も高かったブランド調査、ジェネシスが健闘!1位はテスラーコンシューマー・レポート

2017年12月27日 12時00分更新

 米国の消費者情報誌「コンシューマー・レポート」が発表した調査結果によれば、購入者の満足度が最も高いブランドのトップ3は首位から順に、テスラ、ポルシェ、ジェネシスとなった。

続きを読む»

日本自動車の耐久品質、業界全体で悪化傾向、ユーザーから不満も —2017年日本自動車耐久品質調査

2017年12月26日 10時56分更新

 J.D. パワーは、2017年日本自動車耐久品質調査の結果を発表した。同調査は、世界各国で実施され、日本では今年6~7月に、3回目の実施となる調査が行われた。  全16ブランド118モデルの車種、新車購入から37~54 […]

続きを読む»

「2017年北米レンタカー顧客満足度」業界全体満足度は向上、価格競争による料金低下が主な要因ーJ.D. パワー

2017年11月30日 13時01分更新

 J.D. パワーは、2017年北米レンタカー顧客満足度調査の結果を発表した。調査の結果、ウーバーやリフトなどの相乗りサービスの台頭で全体的にレンタカーの利用料金が低下し、それにより総合的な満足度が向上していることが明らかになった。

続きを読む»

2017年日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査<自動車メーカー純正ナビカテゴリー>レクサスが6年連続トップ―J.D.パワー

2017年10月17日 15時29分更新

 J.D. パワーは、今年で10回目の実施となる2017年日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査<自動車メーカー純正ナビカテゴリー>の結果を発表した。

続きを読む»

「満足度が最も高い自動車メーカー」トップ10に日本から6社がランクイン―米国顧客満足度指数(ACSI)

2017年10月16日 13時04分更新

 米国顧客満足度指数(ACSI)の「消費者の満足度が最も高い自動車メーカー・ランキング」で、日本からはトヨタがレクサスと並んで首位を獲得したほか、スバル、マツダがトップ10入りを果たした。トップ25には6社が選ばれた。

続きを読む»

ブランドランキングではダイハツが1位、装備率の高まりとともに新技術や装備に対する不具合指摘が増加―J.D. パワー調査

2017年9月1日 11時44分更新

 車両全体の不具合指摘は前年と同水準を維持した一方で、安全装備や新技術に対するユーザーの不具合指摘が増える傾向にあることが、J.D. パワー 2017年日本自動車初期品質調査SMによって明らかになった。J.D. パワーの初期品質調査は、世界各国で実施され、新車の品質を調べる業界のベンチマークの役割を果たしている。日本では今年で7回目の実施となる。調査の結果、2017年の総合不具合指摘件数は76PP100であった。2016年は75PP100、2015年は80PP100であり、昨年と同水準の結果となった。

続きを読む»