なかなか続かない禁煙、成功する方法とは?マクロミル発表の「おすすめ禁煙方法ランキング」

2016年4月27日 12時41分更新


Pocket

 株式会社マクロミルは、過去に禁煙したことのある人で現在喫煙している人・現在も禁煙している人を対象にアンケート調査を実施し、その結果を発表した。

 調査結果は以下の通り。

■ 禁煙に挑戦した回数

 禁煙に成功した人に、禁煙に挑戦した回数を聞くと、平均で1.4回、1回目で禁煙を成功させた人は、禁煙成功者全体の37%だった。2回目は26%、3回目は19%と回を追うごとに減少し、4回目では4%と急激に減少している。また、「挑戦した回数」も3回をピークに大きく減少しており、3回の失敗で禁煙そのものを諦めてしまう人が多いようだ。

・禁煙成功者の禁煙回数(ベース:過去に、日常的にたばこを吸っていたが、現在は吸っていない人/n=518)

■ 禁煙失敗の理由

 失敗の原因は、1位「仕事のストレス」、2位「お酒を飲んだ」、3位「喫煙者のそばに行った」という結果に。例えば、仕事のストレスを発散しようと同僚と飲みに行った、などのよくある風景は、禁煙リバウンドへの直行便コースであると言え、ストレス社会での禁煙の難しさが浮き彫りになった。

・たばこを再び吸い始めた理由
 (ベース:過去に禁煙したことがあるが、現在たばこを吸っている人/n=503 複数回答)

■ おすすめの禁煙方法ランキング

 禁煙方法の中で、最も効果があったもの1位は「ひたすら我慢する」が42%。古典的ではあるが、禁煙の成功には“強い意志”が重要だと言えよう。

・挑戦した「禁煙」方法のうち、効果があったもの
 (ベース:全体 過去に禁煙をしたことがある人/n=1,021 複数回答)

 また、禁煙をしてよかったことを聞くと、「お金が浮いた」、「吸わない人の気持ちが分かった」、「異性からの評判が良くなった」などのコメントが寄せられた。
 現代のストレスフルな社会のなかで、禁煙はなかなか難しいかもしれないが、健康のためにも、これを参考にチャレンジしてみる価値はありそうだ。

調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ): http://www.macromill.com/honote

【調査概要】
調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査地域 全国
調査対象 20~69歳の男女(マクロミル提携モニタ)
調査日時 2016年4月14日(木)~15日(金)
  
  

関連カテゴリー