就職企業人気ランキング2018を発表、文系はANAとJALがツートップーマイナビ・日経

2018年5月1日 11時22分更新


Pocket

 マイナビと日本経済新聞社は共同で、2019年3月の大学・大学院卒予定者4万3595名による就職企業人気ランキングを発表。それによると、文系総合ランキングの1位は2年連続で全日空(ANA)、2位は日本航空(JAL、昨年3位)だった。旅行・関連関連では、4位がJTBグループ(昨年2位)、5位がオリエンタルランド(昨年12位)、6位がエイチ・アイ・エス(HIS、昨年7位)となり今年も旅行業界が上位を多数選ばれた。理系は昨年と同じくソニーが1位、味の素が2位だった。

 文系の総合ランキング100位までの観光・旅行関連企業をみると、上位5社のほか、15位にANAエアポートサービス、21位に近畿日本ツーリスト、24位に東日本旅客鉄道(JR東日本)、37位に東海旅客鉄道(JR東海)と日本旅行、47位に西日本旅客鉄道(JR西日本)、57位にPlan・Do・See、67位にANAウイングス、84位にANAセールスとミリアルリゾートホテルズ、91位にJALスカイ、93位にルートイングループ(ルートインホテルズ)、98位にリゾートトラストが入った。そのうち、ルートイングループは昨年よりも61位アップ、ANAセールスは18位アップ、日本旅行とANAウイングスは16位アップで大きく上昇した。

 理系では、11位がJR東日本、21位がJR東海、23位がANA、30位がJAL、38位がオリエンタルランド、56位がJR西日本。このうち、オリエンタルランドは昨年と比較して29位アップとなった。

 マイナビによると、文系・上位50社の選社理由は「やりたい仕事ができそう」(18.5%)、「安定している」(13.6%)、「業界上位である」(11.4%)などが上位に。ANAやJAL、JTBなど10位以内の旅行関連企業では、「やりたい仕事ができそう」がいずれも2割以上。また、「国際的な仕事ができる」(全体割合4%)も1~2割を占めたのが特徴だ。

 文系のランキングと業種別ランキング(文系理系の総合)トップ10は以下のとおり。

◆2018年マイナビ大学生就職企業人気ランキング ※順位:社名(前年順位)

文系

ホテル・旅行

鉄道・航空・運輸

 この調査は、2018年2月1日から4月10日に実施したもの。調査対象者は2019 年3月卒業見込みの全国大学3年生、大学院1年生(調査開始時点)。

 
 

 
 
 

関連カテゴリー