公益サービス

MVNOに乗り換えたユーザーの62%がサポートや通信速度に「不満」あり!ICT総研調査

2017年7月19日 12時19分更新

表1.MNOユーザーのMVNOへの乗り換え検討経験

 株式会社ICT総研は7月19日、MVNOとMNOのスマホユーザー意識調査の結果をまとめた。MVNO格安SIMの市場が普及拡大期に移っている現状を踏まえ、MNOユーザーと、MVNOユーザーの利用者意識の実態把握を目指した。調査はWebアンケート形式で実施され、調査対象はMNOスマートフォンユーザー 1,200人(NTTドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル各300人ずつ)、MVNOスマートフォンユーザー 1,800人(楽天モバイル・OCNモバイルONE・IIJmio・mineo・UQモバイル・BIGLOBE SIM 各300人ずつ)の合計3,000人。

続きを読む»

利便度と快適度で高評価、千葉県印西市が6年連続トップ!全都市「住みよさランキング」

2017年6月21日 10時38分更新

 東洋経済新報社では、814都市(全国791市と東京23区)を対象にした「住みよさランキング」の最新結果をまとめ、その結果を発表した。「住みよさランキング」とは、東洋経済新報社が公的統計をもとに、現状の各市が持つ“都市力”を「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つの観点に分類し、採用15指標について、それぞれ平均値を50とする偏差値を算出、その単純平均を総合評価としてランキングしたものであり、1993年以来、今回で24回目の公表(2011年は非公表)となる。

続きを読む»

日本への「好意度」82.8%、タイ・フィリピン・ベトナムが同率1位!電通「ジャパンブランド調査2017」

2017年5月23日 11時12分更新

 電通は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業の一環として、2017年2~3月に20カ国・地域 で「ジャパンブランド調査2017」を実施した。全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」が実施した同調査は、2011年より対象エリアやサンプル数、設問項目を追加しながら継続的に行っているもので、親日度(日本に対する好意度)や訪日旅行意向、訪問地域とその理由、日本および日本産品に対する興味・関心やイメージなどに関する詳細データと知見の収集を目的としている。

続きを読む»

電車バスの運行情報・遅延情報 人気アプリ ランキング、1位はYahoo!乗換案内

2017年4月26日 16時37分更新

 世界ランキングやソーシャルメディアの情報を独自技術で解析し、満足度の高いおすすめアプリをまとめて紹介しているサイト「APPLION(アプリオン)」で、電車バスの運行情報・遅延情報 人気アプリ [Android]ランキン […]

続きを読む»

【モバイルフォーラム2017 基調講演2】普及拡大期に入ったMVNOサービスのカギは「安心」「手軽さ」「ユーザ体験」

2017年3月21日 16時45分更新

 テレコムサービス協会MVNO委員会が主催したイベント「モバイルフォーラム2017」では、「MVNOサービスの多様化と安心・安全の取り組み」をテーマに、総務省担当者・アナリスト・サービス提供者などが基調講演を行った。   […]

続きを読む»

【モバイルフォーラム2017 基調講演1】説明不足や高齢者トラブル…MVNOサービスで増加する苦情と求められる消費者保護

2017年3月17日 16時34分更新

 テレコムサービス協会MVNO委員会が主催したイベント「モバイルフォーラム2017」では、「MVNOサービスの多様化と安心・安全の取り組み」をテーマに、総務省担当者・アナリスト・サービス提供者などが基調講演を行った。   […]

続きを読む»

ウィーンが8年連続トップ、西ヨーロッパの都市は高い生活環境を維持!2017年世界生活環境調査 都市ランキング

2017年3月15日 11時12分更新

 マーサーは 「2017年世界生活環境調査(Quality of Living Survey) ‐ 都市ランキング」 を発表した。今年で19年目になるマーサーの生活環境調査によると、政治や経済の不安定さは増しているものの、事業拡大の拠点や駐在員の派遣先となっている多くのヨーロッパの都市が、ランキングの上位にランクインする結果となった。

続きを読む»

【NTT R&D フォーラム 2017】AIが質問に答える!2020年に向けた最新技術を先取り体験

2017年2月20日 10時12分更新

 NTTは2月16日と17日の2日間、研究開発の成果を発表する「NTT R&D フォーラム 2017」を東京都武蔵野市の「NTT 武蔵野研究開発センタ」で開催した。今年のテーマは、昨年に引き続き「Open the […]

続きを読む»

(東京都区部)保育園に入れない駅ランキング、ワースト1位は北綾瀬、2位は勝どきに

2016年11月24日 14時14分更新

 不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクトは、「(東京都区部) 保育園に入りにくい駅」の調査を行い、その結果を公表した。同調査は2017年4月時に、0歳児の保育所潜在需要がどの程度になるかを推計し、保育園に入所しにくい駅、しやすい駅を調査したものである。
 待機児童数は、「各駅の0歳児の保育所需要」から「各駅の認可保育所の0歳児定員」を引いて算出している。保育サービスの需要は待機児童数で表されるが、この定義は求職中や産休中の需要を含める、含めないなど行政によって基準が異なる。また、通所距離を考慮せず同じ区内であれば利用可と判断されるなど、利用者が実態をつかみづらい面もある。

続きを読む»

公衆無線LANサービス満足度、キャリア系事業者ではNTTコム、キャリア以外ではヤフーが1位に ―ICT総研調査

2016年9月13日 10時35分更新

表1.公衆無線LANサービス利用者数予測

 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は9月13日、公衆無線LANサービス(Wi-Fiサービス)市場に関する調査結果をまとめた。公衆無線LANサービスの2016年度利用者数は4,309万人、そのうち個人利用者は2,914万人、ビジネス利用者は371万人、訪日外国人利用者は1,024万人となる。2017年度には18%増の5,074万人に拡大する見通しで、個人利用者だけでも3,393万人に達する勢いだ。今後も利用者数は毎年600~700万人程度のペースで伸び続け、2018年度には5,733万人、2019年度には6,368万人に達すると予想する。

続きを読む»