オフィス用品通販サービスの満足度1位は3年連続でアスクルに――2015年日本オフィス用品通販サービス顧客満足度調査

2015年6月30日 11時08分更新


・多くの通販サービスで昨年から満足度が改善

・「ウェブサイト/カタログ」および「サポート対応」における評価向上が顕著

・アスクルが3年連続で総合満足度第1位

 
 
 J.D.パワー アジア・パシフィックは2015年日本オフィス用品通販サービス顧客満足度調査の結果を発表した。当調査では全国の従業者数5名以上規模事業所を対象に、事業所におけるオフィス用品調達の実態や法人向けオフィス用品通販サービスの満足度を調べており、2015年5月にインターネット調査を実施、計3,500件の事業所の回答を得ている。

 法人向けオフィス用品通販サービスの満足度は昨年から向上しており、昨年と比較すると業界全体で「ウェブサイト/カタログ」および「サポート対応」の評価に向上が見られる結果となっている。前者では「商品の比較がしやすい」、「商品の紹介文や説明文がわかりやすい」、「目次や索引が使いやすい」といった肯定的評価を得ており、後者についてはコールセンターにおける対応評価の改善が顕著となっている。

 また本年の調査においても、法人向けオフィス用品通販サービスを利用している事業所の過半数が商品購入の際に他の販売サービスと比較検討を行っている傾向に変化はみられない結果となった。比較先も他の法人向けオフィス用品通販サービスだけではなくアマゾンといった一般向けのオンライン通販も比較先としているケースもあり、J.D.パワーではこのような市場環境下ではウェブやカタログ冊子でのユーザビリティ改良や顧客への提案強化、また、サポート窓口における対応品質向上といった継続的な活動が益々重要となってくるとしている。

 法人向けオフィス用品通販サービス各社の顧客満足度はアスクルが総合満足度トップ(618ポイント)となり3年連続の第1位となった。第2位は大塚商会のたのめーる(617ポイント)で第3位はカウネット(615ポイント)となった。

CS20150630002_001 CS20150630002_002

【画像1】

関連カテゴリー