副業をしている人の10%が月収10万越え――株式投資、アフィリエイト、FXが上位に

2015年6月24日 18時42分更新


・インターネットを利用した副業方法の上位3位は、「株式投資」「アフィリエイト」「FX」

・ 副業をしている人の40.6%が「会社に許可を取っていない」

・ 回答者の10%が副業による月収が10万を超えている

 
 
 MMD研究所は、ビジネスパーソン7,724人を対象に「ビジネスパーソンの副業に関する実態調査」を実施致した。ビジネスパーソン(N=7,724)を対象に、現在副業をしているか聞いたところ、「副業をしている」と回答した人が14.0%、「副業をしていない」と回答した人が86.0%となった。

 また副業をしている人(N=1,085)を対象にどのようなジャンルで副業をしているか聞いたところ(複数回答)、「インターネットを使った副業」が49.4%と最も多く、次いで飲食業が7.7%、販売業が7.4%と続いた。一方、その他回答が35%にも上り、副業の職種は多岐に渡るとも言える。

CS20150622001_001

 インターネットを利用した副業を行っている人(N=536)に利用しているサイト・方法を聞いたところ(複数回答)、「株式投資(23.7%)」、「アフィリエイト(23.1%)」、「FX(20.1%)」の回答があった。また、最近話題となっている「クラウドソーシング」による副業は17.9%の回答があった。

 副業をしている人(N=1,085)を対象に勤務している会社に副業の許可を取っているか聞いたところ、14.9%の人が「許可を取っている」と回答した。また、「許可を取っていない」と回答した人は40.6%、「許可を取る必要がない」と回答した人は44.4%だった。

 気になる収入だが、副業をしている人(N=1,085)に副業での収入について聞いたところ「20,001円~50,000円以内」と回答した人が18.5%と最多であった。ちなみに、「100,001円~200,000円以内」は5.4%、「200,001円~500,000円以内」は3.6%、「それ以上」の回答は1.7%あり、「100,000円以上」と回答した人が1割以上となった。

関連カテゴリー