タブレット

公衆無線LANサービス、キャリア系ではNTTドコモ、キャリア系以外ではスタバが満足度1位―ICT総研調査

2018年10月12日 10時35分更新

 ICT総研は10月12日、公衆無線LANサービス(公衆Wi-Fiサービス)市場に関する調査結果をまとめた。同調査は、公衆無線LANサービス事業者、関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4,239人へのWebアンケート調査の結果などをまとめて分析したものとなっている。

続きを読む»

クラウドストレージサービス満足度1位はGoogle Drive、以下Amazon Drive、Dropbox、Evernoteと続く―ICT総研調べ

2018年9月13日 11時30分更新

 ICT総研は9月13日、クラウドストレージサービスの市場動向に関する調査結果をまとめた。同調査は、クラウドストレージサービス運営会社・関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4,169人へのWebアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したものとなっている。Webアンケート実施期間は2018年7月10日~7月13日。

続きを読む»

公衆無線LAN、最速はセブンスポット キャリア3社は今後の改善に期待?―ICT総研調べ

2018年5月22日 12時26分更新

表1.公衆無線LANサービスの通信速度<下り><全時間帯>

 株式会社ICT総研は、公衆無線LANサービス(公衆Wi-Fiサービス)の通信速度実測調査の結果をまとめた。公衆無線LANサービスは、携帯電話キャリア3社のスマートフォンのデータオフロードや訪日外国人向けのインフラとして一定の存在感を見せているが、今回の調査は公衆無線LANサービスの事業者ごとの通信速度の実態を把握することを目的としている。

続きを読む»

ユーザーの状況を先読み、ドコモのAIエージェントサービス「my daiz」5月30日提供開始

2018年5月18日 11時59分更新

 NTTドコモは、日々の生活で必要とする情報やサービスを、適切なタイミングでドコモやパートナー企業から提案するAIエージェントサービス「my daiz(マイデイズ)」を5月30日より提供すると発表した。

続きを読む»

テーマは「For All」ドコモが2018年夏モデルを発表、HUAWEIスマホ5年ぶりに復活 

2018年5月17日 14時16分更新

 NTTドコモは16日、2018年夏モデルの新サービス・新商品発表会を開催し、スマートフォン10機種、タブレット1機種の合計11機種を発表した。5月18日から順次発売する。3つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーションにより、スマホ6機種は受信時最大約1Gbpsに対応。カメラ機能が充実し、トリプルカメラを搭載した1機種、デュアルカメラを搭載した4機種を提供するほか、立体音響技術「Dolby Atmos」に対応した4機種などを提供する。

続きを読む»

外国人観光客の8割が満足、人口に対するWiFi設置数1位は沖縄県!タウンWiFi「全国WiFi密度MAP」 

2018年4月19日 08時32分更新

 国内外200万以上のWiFiスポットに自動でログインが可能なWiFi自動接続アプリを運営するタウンWiFiは、全国のWiFi設置に関する独自調査を実施し、その調査結果を「全国WiFi密度MAP」として公開した。     […]

続きを読む»

定額制音楽配信サービス、顧客満足度トップ3はKKBOX・レコチョク Best・Apple Music―ICT総研調査

2018年4月13日 11時22分更新

表1.定額制音楽配信サービス利用者数 需要予測

 ICT総研は4月13日、「2018年 定額制音楽配信サービス利用動向に関する調査」の概要をまとめた。同調査は、定額制音楽配信サービス運営会社・関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4,012人へのWebアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したものである。アンケート実施時期は2018年4月9日~4月11日。

続きを読む»

最優秀賞はNTTぷららの「ひかりTV」、4Kサービスの先進性に高評価!MM総研「スマートTVサービスAWARD2018」  

2018年3月23日 12時47分更新

 MM総研は優れた映像配信サービスを表彰する「スマートTVサービスAWARD2018」の調査を実施し、有識者会議による最終審査を終えて調査結果を発表した。最優秀賞にはNTTぷららが提供する「ひかりTV」が選ばれて、8年連続の受賞となった。

続きを読む»

1年後に所有していたい端末、モバイルノートPCと腕時計型端末に大きな潜在需要あり―ICT総研調べ 

2018年3月12日 14時03分更新

 ICT総研は3月12日、「モバイル端末の所有状況・所有意向調査」の結果をまとめた。対象はスマートデバイスを含むモバイル端末全般であり、1,110人が回答した。調査の結果、現在所有している端末は、スマートフォンが78.6%で最多となり、タブレット端末がWiFiモデルと回線付きモデル(セルラーモデル)の合計30.2%で続いた。フィーチャーフォン(ガラケー・従来型携帯電話)は、20.4%となっている。

続きを読む»

イード「RBB SPEED AWARD 2017」発表、2017年最速のキャリアやプロバイダを表彰

2018年2月22日 13時39分更新

 イードは、通信速度測定サービス『RBB SPEED TEST』の測定データを集計し、実測値が速かったサービスを表彰する『RBB SPEED AWARD 2017』を発表した。  『RBB SPEED AWARD 201 […]

続きを読む»