ラッカスが日本を含むアジア太平洋地域で初めてのビジネスWi-Fi 実態調査を発表

2019年1月30日 10時14分更新


Pocket

 2019年1月29日 ARRISグループ会社のラッカスネットワークスは、日本を含むアジア太平洋地域 (以下、APAC) のビジネスにおけるWi-Fi接続の実態調査を発表した。今回の調査結果から、デジタル経済において、Wi-Fiの接続停止による事業損失は、過去1年間で合計5100万ドルにも上っていることが明らかとなった。

ラッカス1

 ラッカスでは、企業におけるWi-Fi の価値・利用時間・Wi-Fiをめぐる課題や期待をテーマに、調査を実施した。この調査は、APAC を構成する8つの国、中国、香港、台湾、オーストラリア、日本、インド、シンガポール、インドネシアにおいて従業員250人以上の大・中規模の企業の、IT に関する意思決定、またはIT関連業務に携わる従業員1200人を対象におこなった。

■Wi-Fi接続停止による甚大な損失

ラッカス2
 Wi-Fiの接続停止は、調査対象企業の業績にも大きな影響を与えている。過去 1年間で、半数近くのAPAC企業 (47%) が少なくとも6回の接続停止を経験し、そのうち約10% の企業が20回を超える接続停止を経験した。一方、日本企業で過去1年間に6回以上の接続停止を経験したのはわずか 30% だった。

 さらに、Wi-Fiの接続停止やその他のネットワークにおける課題による生産性の低下に加えて、企業はデジタル革新や組織変革を成し遂げることができない。

 APAC企業の37% 、日本企業の43% のIT部門は、Wi-Fiやネットワーク関連の課題対応に毎月1週間以上を費やしている。このため、IT部門は時間とリソースを失い、企業における新たなデジタル製品やサービス、収益モデルを推進するための取り組みの妨げとなっている。

 さらに、APAC の事業/IT責任者の 10人中9人(90%) と日本の事業/IT責任者の84% は、質の低いWi-Fiが企業の評判に悪影響を与えるとの考えで一致している。これは、Wi-Fiが企業と顧客との間において最も重要な最初の接点であるためだ。

ラッカス3
■ユーザーエクスペリエンスはWi-Fiの重要な鍵
 Wi-Fi接続にとってのもう1つ課題は、ストリーミングビデオや複数のパーソナルデバイスなどの接続に必要な「帯域幅」。

 調査によると、APACの事業/IT責任者の半数以上(58%)、日本の事業/IT責任者の45%がWi-Fiを使ってストリーミングビデオや音声通話を利用している。昨今のWi-Fiのユーザーエクスペリエンスにおいて、マルチメディアコンテンツとネットに接続されたデバイスが急増、高速で信頼性の高いネットワークを必要とする主な要因となっている。

 APACの49% 、日本の 44%の回答者が、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、スマートウォッチなど、少なくとも4つのWi-Fi対応デバイスを活用していると回答している。

 この調査結果は、APAC (76%) と日本(71%)の事業やITの責任者は、Wi-Fi接続速度の遅さが最も重要な懸念事項と考えており、続いて接続可能エリアの狭さと接続が途切れることも心配である、と述べている。

 しかし、公共Wi-Fiを快適に利用出来たと回答したのはAPAC の4人に1人 (24%)、日本ではわずか16%のみであり、大幅に改善すべき余地がある。APACと日本のユーザーで常に公共Wi-Fiを利用しているのは、わずか 14% にすぎないという結果になった。これは、APACのビジネスマンたちが、場所にとらわれない働き方をしているからと謳うには、大きな改善が必要なことを浮き彫りにした。

■日本はWi-Fiのセキュリティとパフォーマンスに対する期待が大きい
 自社のWi-Fiセキュリティの現状を「良い」「非常に良い」と好評価しているのは、APAC で53%、日本では わずか37% だった。さらに、自社のWi-Fiセキュリティの現状に満足しているAPAC の 93% と対照的に、日本ではわずか 79%だった。見慣れないWi-Fiネットワークに接続する場合、日本の事業/IT責任者はセキュリティに細心の注意を払っている。また、86 %(APACでは83%)が公共Wi-Fiネットワークを使用する上で、ネットワークの安全性が3つの懸念事項のうちの1つとして挙げている。

 今回の調査で、APAC の中で日本のWi-Fiセキュリティとパフォーマンスが最も優れていることが明らかになった。 APAC のほぼ 5人に1人(19%)が、安全なログイン方法のないオープンWi-Fiネットワークを保持していると回答したのに対し、日本のオープンネットワークへの依存度は最も低いことが示された(9%)。さらに、過去1ヶ月間の6~20回の接続停止の発生割合は、日本ではわずか25%で、一方のAPAC は 38%でした。日本の回答者の 5 人に 1 人(19%)は今までまったく問題がなかったと回答しており、APAC の6% を約3倍も上回っている。

 今回の調査結果は、Wi-Fiのセキュリティとパフォーマンスに対して、日本企業の経営陣の期待がAPACよりも高いことを示している。
 

 
 
 
 
 

関連カテゴリー