ブクログ、出版社へ読者の感想統計データを提供する「ブクログ インサイト」のサービス開始

2015年4月13日 16時40分更新


・ブクログは80万ユーザーが利用し、680万のレビューが寄せられているブックレビューサイト

・レビューの統計データを出版社向けに提供するサービス

・初期費用1万円、月額料金3万円から

 
 
 ブクログは国内最大のブックレビューコミュニティ「ブクログ」ユーザーの読書統計データを閲覧できる「ブクログ インサイト」を、出版社向けに2015年4月10日より提供を開始する。「ブクログ」はPC・スマートフォン上で書籍やCD・DVDなどの読書・視聴管理ができるブックレビューコミュニティ。現在約80万人のユーザーが利用しており、レビュー数は680万超となっている。(2015年3月末現在)。

 出版業界では書店のPOS(販売時点情報管理)に蓄積された実売データの分析が進んでおり、新刊企画の立案や販売促進に活用されている。一方インターネット上に投稿された書籍に対する評価や読書レビュー、購入・閲覧情報など、読者の嗜好がより細かく反映された情報の活用ツールはまだ整備されていない。

 「ブクログ」はユーザーから集まった膨大な読書データをマーケティングで活用すべく、出版社向けの読書統計データ閲覧サービス「ブクログ インサイト」を開発した。「ブクログ インサイト」の最大の特徴は、POSデータとは違い、書店で購入した作品だけでなく、古書店で購入した書籍や図書館などで借りて読んだ書籍などを含めた読書記録が集計されている点になる。

CS20150413001_002

 従来より提供している読者レビューや各作品の本棚登録数・レビュー数・評価平均といった基本データに加え、「ブクログ インサイト」ではさらに作品を登録しているユーザーの年代や性別、作品の読書状況などをグラフで確認することができる。たとえば「この作品は20代前半の女性に多く読まれている」といった読者属性分析が手軽にできたり、作品に興味を持っている読者属性を予約受付期間中に把握したりと、さまざまな書籍マーケティングに活用が見込まれている。

 また作品に興味はあるがまだ購入に至っていないユーザー(作品の読書状況を“読みたい”に設定しているユーザー)がどれぐらいいるのか、といった情報も閲覧でき、こうした購入可能性の高いユーザーに対してダイレクトに訴求できるメール配信メニューも用意。初期費用1万円で月額費用3万円から。

関連カテゴリー